世界の受け入れ状況~渡航できる国はどこ?

コロナ禍でも留学がしたい・・・

せっかく予定していた留学が中止せざるを得ない、でも時間があるから早く渡航したい!というお声がたくさん届いています。現在、渡航が可能な国や学校をネクシスが厳選いたしました!
『これを機に長期留学に挑戦してみたい』、『時間ができたから海外に今行きたい!』など、みなさまのご要望をお聞かせていただき、ネクシスのカウンセラーがアドバイスさせていただきます。
/


2  5 5

カナダ
イギリス
アイルランド
マルタ
ドバイ


20120423_ectoronto-classroom_069 4 4 4

《備考》

※各国ともに入国の際に新型コロナウイルスPCR検査結果が陰性である証明書の提出が義務付けられています。
※アイルランドは、入国後14日間、イギリスは10日間の自主隔離が義務付けられています。
※イギリスはワクチン接種済みの方は自己隔離は免除。
※マルタは政府が承認するワクチン証明書を証明する必要があります。
ワクチン未接種の方は政府指定の隔離基準で14日間の自己隔離が義務付けられています。
※カナダはワクチン接種済みであれば観光ビザでの入国が可能。
ワクチン未接種の方は入国後14日間の自己隔離が義務付けられています。

※ワクチン接種証明書の提出を義務付けている国もあります。
※情報は世界中で常に変動しております。随時、最新の情報は外務省のホームページをご確認ください。

※※2021年8月現在、日本帰国日の翌日から起算して14日間の自主隔離が義務付けられており、日本入国後、公共交通機関の利用は許可されていません。
滞在先やご自宅までの移動手段は、事前にご自身でご確認、ご準備ください。

《話題のオンライン留学も留学準備として人気です!》


実際の渡航までに日本でオンライン留学を経験し、英語に慣れておくことをおすすめします!
留学準備として、渡航したい学校の雰囲気も知れることや、すきま時間を有効活用できると人気です。

オンライン留学の詳細はこちら

《コロナ禍だからこそ長期留学に挑戦したい方に向けた特集!》

20120423_ectoronto-classroom_069 20120423_ectoronto-classroom_069
入国後も隔離期間が必須である今、せっかくなので3カ月や6ヵ月以上の長期留学に挑戦する方が増えています!
渡航までのオンライン授業と長期留学を組み合わせたハイブリッド型留学の需要は高まっています!

ハイブリッド型留学(長期留学)の詳細はこちら



かんたん無料!資料請求はこちら フリーダイヤルでゆっくりご相談0120-553-788受付時間(月~土)10:00~17:00

pagetop